アジアと世界の人と人をつなぐ


by k-rainbow
昨日11月29日、熊本市の県総合福祉センター会議室において、研修生実習生の受け入れ農家企業の方や、問題に関心をお持ちの市民の方々35名に集まっていただき、外国人研修生実習生をめぐる問題の背景とその解決のための方向性を話し合うシンポジウムを開きました。
多額の借金を負わされ行動の自由を奪われた研修生実習生のみならず、やはり多額の管理費を要求される農家企業の方々も、この制度の犠牲者であることを確認しながら、問題の解決のための制度改革の必要性が参加した多くの方から語られました。
また、レインボープロジェクトからは、制度改革までの間にも、これ以上の犠牲を出さないために、今できることの提案も下記のように行いました。

「外国人研修生実習生受け入れにおける問題点改善のための提案」
2009年11月29日
NPO法人くまもとレインボープロジェクト

国内製造業農業等の分野での担い手不足が継続し、研修期間の短縮はあるものの実際の労働実態とは乖離した外国人実習制度が存続される中で、重大な人権侵害を少しでも減らすため、来日する研修生実習生が極端な負担を負うことのないような制度運用を願って、以下の提案をいたします。

①国内行政機関、準行政機関に対して
1.入国管理局およびJITCO(財団法人日本国際研修協力機構)は、送り出し機関の選抜を厳格に行い、多額の手数料・保証金等を研修生実習生に課す機関を排除するため、在留資格申請審査に際して送り出し機関と研修生の間に取り交わされる契約書写しの提出を義務付ける。
2.第一次受け入れ機関、第二次受け入れ機関の指導監督のため、各県にワンストップの担当部署を設置し、日常的な指導監督にあたる。
②第二次受け入れ機関(企業、農家等)に対して
多額の管理費を要求する第一次受け入れ機関を排除し、研修生実習生自身に適正な給与を支払い、対等な人間関係の基盤を築く。
③第一次受け入れ機関(事業組合等)に対して
多額の管理費を要求あるいは研修生実習生に多額の手数料・保証金等を課す送り出し機関を排除し、研修生実習生が入国直後から長時間労働に順ずることのない状態を保障する。
④中国行政機関に対して
研修生実習生に多額の手数料・保証金等を課す送り出し機関を排除するため、過去に留学斡旋機関に設けた認定規則同様に、保証金・手数料等の上限を設ける。
⑤送り出し機関に対して
研修生実習生に多額の手数料・保証金等を課す必要のないよう、履歴改ざん等の不正行為をなくし、制度趣旨に合致した募集方法に努力する。
⑥国内の一般の皆さんへ
日本国内には今、10万人を越える外国人研修生が生活しており、その殆どは熊本のような地方に在住しています。彼らの生活や文化に関心をもち、スーパーやショッピングセンターで見かけたら、声をかけてください。
[PR]
# by k-rainbow | 2009-11-30 19:42 | 外国人研修生実習生
a0113866_1552423.jpg


「二度とこのような悲惨な事件を起こさないために、私たちにできることをしなくては」という思いから、シンポジウムを開くことになりました。
これは、外国人研修生実習生あるいは彼らを受け入れる企業、農家、そのどちらが悪いと責めるためでは決してありません。
外国人研修生実習生がどのような状況の中で入国してくるのか、そしてそのために、入国後も抱える悩みとはどんなものか。また、受け入れる企業や農家が抱える困難な状況について、お互いを理解するためのシンポジウムです。
その背景にあるのは、研修生実習生が本国で抱える負債、言葉や文化の壁、孤独感、受け入れ企業が支払う多額の費用など、様々な問題があります。そしてそうした問題解決のための関係機関の不在。そして研修目的の名目化。

郊外のショッピングセンターに行くとアジアの言葉が飛び交い、熊本のような地方ほど研修生実習生の受入によて地域の国際化が進んでいます。
制度を問題にするだけでなく、共に生活する私たち自身が問題に向き合うことが大切だと考えています。

シンポジウムは11月29日午後2時~4時、熊本県総合福祉センター会議室でおこないます。
ぜひ受入企業農家の方々にご参加いただけるよう、お待ちしています。
[PR]
# by k-rainbow | 2009-11-26 16:22 | 外国人研修生実習生

痛ましい事件


あまりに痛ましい事件に、しばらく声も出ませんでした。
このような事件が、同じ熊本県内のすぐ近くで起ころうとは。

数年前、千葉県の養豚農家で起こった外国人研修生による農家殺害事件は、入国のための借金を抱えて心身消耗していた研修生が帰国させられるという脅迫を受け、追い詰められた末の事件でした。

同じようなことがあってはならないと、研修生や実習生の相談受付を活動の一つに立てて、私たちは「くまもとレインボープロジェクト」を昨年つくったのですが、今回の事実は、私たちの取り組みが浅かったことを、深く深く反省しています。

今の私たちにできることは何だろうか。

精神的にも経済的にもストレスを抱えた外国人研修生の状況や本当の気持ちを、多くの人に知ってもらい、問題解決の糸口を考えたいと、私たちはシンポジウムを準備することにしました。

11月29日日曜日午後2時からを予定しています。
具体的な内容については、追ってこのブログでもお知らせいたします。

a0113866_1623496.jpg

[PR]
# by k-rainbow | 2009-11-17 16:25 | 外国人研修生実習生
ネロリ花水については、ホームページやスタッフブログを通じて、ご存知の方も多いことと思います。
国産で初めて、オーガニックのネロリ成分たっぷりの化粧水は各方面で高い評判をよんでいます。
6月の農商工連携事業認定に続いて、8月熊本県の優良新商品に選定。10月東京ビッグサイトで開かれたオーガニックEXPOでは高い評価を受けました。
早速、大手雑貨小売店やインターネットショップ、生協、通販などの会社から、お取扱のお申し出も受けています。
でも、私たちはこのプロジェクトの目的を忘れてはいません。オーガニックの甘夏の花を通じて、多くの人に水俣を知ってほしい来てほしい。そんな思いで始めた甘夏オレンジフラワープロジェクト。
11月15日には花の蒸留ワークショップを開きます。秋なのに甘夏の花があるの?という方はぜひ参加してみてください。
a0113866_13581341.jpg

[PR]
# by k-rainbow | 2009-11-07 14:00 | ネロリ花水

半年のこと-Ⅰ

大変ご無沙汰してしまいました。ネロリ花水のことで忙しく(言い訳?)、くまもとレインボープロジェクトの活動を休止していたわけではありません
でも、この半年間で色々なことがありました。
まず、裁判のこと。5月の本人尋問の後、滞在期間が切れた農業実習生のみなさんは、熊本でのたくさんの支援者の方々との交流の思い出を胸に、ご家族の待つ中国山東省に帰っていきました。
でも裁判は継続。10月には私も証人尋問に立ちました。彼女たちが置かれていた客観的な状況と真実の事柄を話すことで、多少とも実習生の役にたつことができればと願っています。
(写真は彼女たちが支援者の方々と日本文化交流として取り組んでいた和太鼓発表)
a0113866_12384668.jpg

[PR]
# by k-rainbow | 2009-11-07 12:40 | 外国人研修生実習生